ミーティング

 

 

毎週火曜日、栄のLOFT6階にあるNPOセンターにて18:30~ミーティングを行っています。いつも楽しい話を交えながら企画の打ち合わせなどを行い、ミーティング後は皆でご飯を食べに行きワイワイ楽しみます。

 

ハンセン病療養所訪問(長島愛生園訪問)

 愛生園とは岡山県にある国立ハンセン病療養所です。ハンセン病療養所とは過去にハンセン病を患っていた人が強制的に隔離されていた場所です。今では治療法が確立し治る病気になり、入所者たちは自立した生活を送っています。しかし、長年の差別や偏見により、社会復帰できずにいます。新規の入所者はおらず、平均年齢は80歳を超えており、年々入所者は減っています。私たちは快復者の元を実際に訪れ、ハンセン病についての話や体験談を聞くことができます。訪問を重ねる内にメンバーとの入所者との関係が深まり、メンバーにとっては何度も訪問したくなる場所です。

 

地域貢献活動(明通寺での活動)

 明通寺とはFIWC東海委員会設立当初からお世話になっている愛西市のお寺。キャンプ前の泊り込み合宿やキャンプ後の反省会の場としてお借りしています。みんなでご飯を作り、ミーティングをし、夜には飲みながら朝まで語り合うこともあります。また、キャンプ報告会を開催し、近所の方や学生にFIWC東海の活動やハンセン病について伝えるきっかけ作りの場にもなっています。そして明通寺で行われるイベントにも参加しています。例えば、夏には近所の小学生のお泊まり会のお手伝いとして、カレー作りや肝試しをしました。秋には二年に一度のお祭りである報恩講フェスタで、バザーや屋台をしました。

 

被災地活動(唐桑町での活動)

 宮城県気仙沼市唐桑町は、山と海と坂道に囲まれた小さな漁師町。2011311日に発生した東日本大震災により、漁業や沿岸の住宅は大きな被害を受けました。私達は直後の5月からこれまで、瓦礫撤去・漁具の整理・仮設住宅でのお手伝い・畑の再生等の支援に携わってきました。震災から時間が経過するにつれて、学生ボランティアに出来ることは少なくなってきています。ですが今もなお、被災地は多くの複雑な問題を抱えているのは、確かな現状です。私達は、これまで行ってきた海外ワークキャンプ同様、「関係構築」を大切にし、粋な漁師さんや、優しいおばあさん達との出会いを糧に、今後も活動を模索、継続していきます。

~新メンバー募集中!!~

随時募集中です。詳しくは画像をクリック↑
随時募集中です。詳しくは画像をクリック↑

~Twitter~

関連ページ

リンク